全ては神の御心のままに

 fiat voluntas tua, sicut in caelo, et in terra.
卵の箱にかかれていたイラスト
ひよこのイラスト
職場で見かけた箱にかかれたひよこが大変可愛らしかったので思わず写真を撮ってしまった。
「君は卵なの?ひよこなの?どっちなの?」と聞きたくなるほど卵っぽいフォルムが、いい。
| メモ | 21:29 | comments(0) | - |
従弟の引っ越し
 かくかくしかじかありまして、室蘭へ転勤になった従弟=あまりよく知らない男性と一週間同居することになりました。

 十歳位年が離れているし、そもそも転勤族の私と母方実家=北海道に長年いた彼とはほぼ縁もない。彼がこの世に誕生してから、5~7回しか会っていないはずですが、まあ、私は居場所とWiFiを提供するだけで相手のことは一切しない、という条件でOKしました。

 こういうとき、一人暮らしには無駄に広い2LDKが非常に便利!
 いつもは本棚を置く場所&洗濯物を干す部屋としている一部屋を貸して、好きに使っていいよといえばいいだけだもん。お互いに仕事を抱えている身、余計な干渉しなくてすみます。


 お土産に網走ビールいただきました。
 蒼いビール、興味あったんです。
 ごちそうさまです☆

以上、ご栄転おめでとうございますな話でした。
| ほかほか家族 | 15:52 | comments(0) | - |
かつていたはずの場所に戻る
 JICAボランティア、青年海外協力隊の春募集が始まったので、説明会に行ってきました。
 
 雌伏9年の再チャレンジ……実質はそれ以上寝そべっていたんだけど、その分今回は頑張れる。
 今回落ちたら、秋募集。
 それでだめなら、北大の某研究室で勉強できるように道を作る。
 それでもだめなら、この人生をさっさと終えて次のターンに期待する位しか、選べるクモの糸はないしね。
| 日々徒然 | 15:17 | comments(0) | - |
測量山から
 従弟の転勤に伴い、家を見に来た彼と彼の母である叔母、そして特に理由もなく室蘭観光目的でくっついてきた謎の叔父に、八幡様にお参りした後、測量山に連れて行ってもらいました。

測量山から

測量山から2

測量山から3

晴れていたから渡島半島まで見えたよ。噴火湾がカルデラでないということがにわかに信じられない景色でした。
| 旅行・おでかけ | 16:44 | comments(0) | - |
しりあいほいほい
 道職に勤めている従兄弟が室蘭に転勤してくることになりました。
 
 なんだかなー  私が室蘭に来てから、高校時代の同級生が来たり、従兄弟がきたりと、縁のある人が次々こちらに転勤になっている偶然に、ちょっと笑っています。
 私自身は今年以内に新天地へと旅立つ予定だけれど。
| 日々徒然 | 21:05 | comments(0) | - |
MRIうけました
健康診断で肝血管腫疑いの診断が下されたので、MRI受けました。
持病の頭痛があるため、脳みそのMRIは受けたことがあるんですが、内臓系は初めて。
あんなにうるさいとは思わなかった!
 ラテン系というか、土着文化系ビートが響く中、「息を止めてください」の放送とともに、ぎゃんぎゃんうるさい音が閉鎖空間に響き渡り、びっくりすること数回。

いやん、その微妙なリズムに合わせて、息吸いそうになるからwwww
そんな自分に気付いて、笑いを止めるのに精いっぱいだからwwww

いやはや。6000円も払って 「動いちゃったから画像不鮮明で判断できません」 とかいわれたらどうしようと、結果出る今から怯えています。

ちなみに(肝血管腫疑いとか言われたけど実はガンかもしれないかも!??)みたいなことでは、一切怯えていません。
| メモ | 15:53 | comments(0) | - |
味見してみた
誰かが栄養科からもらったのでしょう。
職場の冷蔵庫に消費期限切れで放置されていたドリンク類のうち、比較的新しかった1品を頂いて味見しました。

ペプタメン・スタンダード   Nestlé Health Science
1.5kcal/mlの消化態栄養。乳清ペプチド配合で消化吸収に配慮。継続的な栄養管理に。

  • 熱量: 150kcal/100ml (1.5kcal/ml)
  • たんぱく質 3.5g/100kcal
  • たんぱく源は乳清 (ホエイ) ペプチド
  • 脂質中の60%がMCT (中鎖脂肪酸油)
  • 乳糖ゼロ
  • 経口でも飲みやすいバニラフレーバー

ということで、消化吸収機能がなくなってしまった方用の栄養剤です。

味見の結果はというと……バニラ味。うん、確かにバニラ味。
でも、こんな苦いバニラ味は未経験だったな、私。

アミノ酸の苦さなんでしょうか……栄養強化食品系によくみられる、ねっとりとした甘みの奥からどーんとやってくる、えも言われぬ苦みの正体は。

大抵、私に馴染みのある栄養剤、つまり医薬品たちに比べたら、食品に分類されるものは段違いで美味しくできているんですけど、これ、エンシュア(医薬品、半消化態)に美味しさの上で負けています。

で、そのからくりをちょっと考えてみたら、当たり前な話でした。

なぜなら、エンシュアは消化機能が残っている方に使うから、タンパク質を使っても問題ない。
一方、ペプタメンはタンパクを分解、吸収できない患者向けの商品だから、たんぱく質は使えない。たんぱく源として吸収できる単位であるペプチドを使わなくちゃいけない。
 そこまで考えて、やっと、一年前くらいに先輩に聞いた「タンパク質は美味しい、ペプチドまで分解されると途端にまずくなる」というお言葉を思い出しました。

つまり、『完全な消化態=ペプチドを使った栄養剤をここまで美味しくしているネスレはすごくいい仕事している』と言えるんでしょう。

 こういうことでいちいち躓く度、医薬品、食品を含めた多種多様な栄養剤の違いをきちんと勉強している薬剤師さんや栄養士さんを尊敬します。
| おしごと | 19:25 | comments(0) | - |
<< NEW | TOP | OLD >>