全ては神の御心のままに

 fiat voluntas tua, sicut in caelo, et in terra.
<< 五輪のセレモニーの感想 | MAIN | 散々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
同窓会の夢
高校G7組で同窓会をした夢を見た。

気づけば私はそば・うどん屋さんにいた。
庭園の見える場所(観光地にありがちなふんいき)のお蕎麦屋さんぽくて、私たちは15名くらいいた。正確な人数はわからない。
私はいつも学食で食べたようにうどんを選んでいた。まあ高校時代は素うどんばかりだったけれど、その日は夏の暑い日だったために、ざるうどんを選んでいた。
気がついたときには食べ終わっていて、会話に花を咲かせていた。
ただ、窓から差し込む日の光があまりに強すぎて、中の様子が薄暗く、誰がどこに座っているのか、私にはさっぱりわからなかった。

その後店を出た。
幹事のプミポンとウトが会計をしてくれたので、鈍足で有名な我がG7メンバーをなるべく早く店から排出する仕事を、私は率先してやっていたようだった。
その店のある通りはお祭り開催中で、出店がいっぱい並んでいた。
モリカとびーなすは、その出店のひとつにジュースを買いに行った。
モリカがいつもどおり「ジュースいる人〜?」と私たちを振り返りながら聞いてきた。
そんなモリカをいつも豪快なびーなすが、「いっぱい買えばいいよ!」と豪快に言い飛ばし、モリカを急かして、さっさとお会計を始めていた。
なんと二人はタンク4つ分くらいジュースを買ってきた。
「誰が持つの?」とウトが驚いていた。
とりあえず私とよーこちゃんが、そのうちのひとつを手分けして持ち、他のタンクも誰かがもってくれたのだろう。私たちは次の目的地に向かった。
道すがら、プラスチック製のタンクの取っ手は水で濡れていて持ちにくかったけど、私はいつもどおりふざけてそれを振り回してみた。よーこちゃんが「ちょっとちょっとw」と、おっとり私に振り回されていた。微妙にえりちゃんかまどぅに怒られた気がする。


そんな感じの、ありふれた日常的な夢だった。
幸せだったよ。

9月7日に迫ってる、同窓会が楽しみです。
| | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |
うける(笑)。
私は、登場しなかったの?
| ふじっち | 2008/09/02 3:48 PM |
残念ながら、目だった活躍はしてませんでしたwww
でも、いたと思う。あやつんとかりっつんもね。
| CAKYPA | 2008/09/02 11:54 PM |









 
http://cakypa.jugem.cc/trackback/1383
NEW | TOP | OLD