全ては神の御心のままに

 fiat voluntas tua, sicut in caelo, et in terra.
大河ドラマな夢
 ほとほと疲れちゃって、土曜日の午睡を満喫していたらそのまま深夜までもつれ込み、眠りは相当浅くなっていたようで明け方に変な夢を見た。

 私がしばしば見る夢の一パターンだけど、今回は夢というドラマを、まるでテレビ番組を見るように見ていた。
(もう一つのパターンは、私が実際に経験している感じで、体感するパターンもある)

 今回の時代設定は幕末から明治期あたり。
 ローティーンの男の子がとある大名の刺客としてやってきたところからスタートする。
 その少年はあっさり取り押さえられ、大名の温情で、僧侶となることで生き延びる。
 大名にはその刺客少年と歳が同じころの男の子がいて、その子と刺客少年はそれなりの交流があったようだった。(この点で意味不明だけど、夢はそれを当然のように扱い、進行する)
 時が経ると最初突っ張っていた刺客少年も、その寛大な大名を心から敬愛し、その息子に愛情を向けるようになっていた。(いきなりのBL展開に夢の中で私は唖然とする)

 時代が変わり、大名の子供は幕末から明治の動乱期を乗り越え、明治政府の重鎮として全うする。
(私の夢の中では、教科書に載るレベルの重鎮だったけど、だれかはよくわからない。モデルが誰になるのかも、起きてしまった今では不明)

 一方、刺客少年は、ひたすら仏道に励む。作務、勤行、学門のいずれにも励む。
 特に学問の領域では、愛する大名の息子さんと関わることができるから、特に頑張っていたようだ。(笑) 仕事において大名の息子さんが困った時、相談相手として活躍したようだった。
 禁欲的な、なんとも健気な雰囲気で、時は流れる。

 大名の息子さんが、引退の時期。……もしかしたら、その刺客少年は、立派な僧侶として人生を終えた頃からもしれない。生きていたかもしれないけど、そこらへんはぼかしてドラマはクライマックスに突入する。
 今は明治政府の重鎮である、かつて大名の息子さんは、配下が見守る中、一冊の書物を封印する場面になる。

「自分が活躍した背景には、僧侶の彼の尽力がありました。
 彼と自分とは、そういう関係でした」

 その全文を赤裸々にしたためた本に、

「この書は1999年4月○日まで、開封を禁じる」

と大仰に書かれた紙を張り付けて、屋敷の奥に収納する儀式を行った。
 それでドラマは終了&エンディングロール。

 私はそこで目覚めましたが、時代の波に飲まれていった刺客少年と歴史の中で輝く大名息子君との対比、また、大名息子君が刺客少年(僧侶)への恩義のために、自分の醜聞を1999年で公開することを決意した経緯とか、胸をうつドラマを見た気分でした。



 無意識でこれを上演してしまった私の脳みそよ、君は一体何なんだ。
| | 11:44 | comments(0) | - |
夢☆リッチな五本立ての話
 母方祖父母の見舞い旅行から帰ってきた日に見た夢が悪夢五本立てだった。

(1)多種&大量の蛇に囲まれる

(2)(1)で見た夢の蛇の中でも、目に入ったら失明するタイプの毒蛇の毒を操るおじいさんに襲われ、(映画『シャイニング』で怪しい雰囲気でせまりくる夫に棒を振り回しながら後退してたウェンディーの如く)ひたすら(そこらへんにあった)机!を振り回しながら後退し、最後は攻勢にうって出たが、結果、片目をやられる

(3)当直時、若い女の子にボルタレンを調剤したら、職場の先輩に「妊婦に禁忌だろ馬鹿死ね」的な感じでぼこぼこに怒られ、別の先輩に同情されながらも内心では
(だって妊婦なんてカルテにかいてなかったし……)
(若い子にボルタレン出すたびに「妊娠してますか?」って聞かなきゃなんないのか……辛い……)
と思い、一方で、
(あれ?前回の当直でボルタレンなんて調剤しなかったぞ?…ん?)
となり、夢と気づく

(4)多種&大量の虫に這いずり回られる

(5)(4)で見た夢の虫の中で、「助けてママーン」と泣きべそをかいていたら、いつの間にか虫がいなくなっていた。
 気づけば母親がそばにいた。彼女が虫を追っ払ってくれたのかと思い、謝辞を述べたら、突然にやっと笑われて、ほっぺたにセミを押し付けられた。彼女の指の圧力のせいで、セミの内臓が半分飛び出していて、ぬちゃりとした感触を感じる。慌てて彼女の手を振り払おうとしたら、さらにぐりぐりとセミを押し付けられ、泣きそうになった。


以上が、一晩、約7時間の間に見た夢。
 一番泣きたかったのは、(5)から目が覚めたとき、起床予定時刻の3分前だったことかな。
| | 17:54 | comments(0) | - |
Origaの死を知った日
 今日は日曜だったから、脳内の子供たち、ルカとフレッドの幼少期について構想をまとめていた。

 そもそもルカは、origaの『ゆりかごの記憶〜父に捧ぐ〜』という曲がなければ発生しないキャラクターだった。

幼い日のアルバムをめくると
そこにはあなたが 永遠に去ってしまうことを知っているかのように
微笑みながら 私を見つめていた


 そんな感じの和訳の歌詞で。 
 cerisio君のお父さんに対する思いは、その文を読んだ一瞬に決定されたようなものだった。
 あの時の天啓のような感覚は、忘れられない。私も15歳で、多感だったしね(笑)

 紆余曲折有り、ルカはものすごい破綻した奴になったけど。
 cerisio君もものすごいこじれたキャラになったけど。
 それは20年に近い月日の結果。


 土曜日曜は病人のような私は、今日も具合が悪くて、変な夢を見た。

 夢の中の私は、今日は若い頃のcerisioで、抗がん剤の一クール目が終わった直後で、正直死にそうだった。
 でもやらなくちゃいけないことがあって、感染対策にN95マスク的なものをつけて、なんかよくわからない会議に参加するのね。
で、その後、(成り行きで父役を離脱し、主治医になってる)ルカにめちゃくちゃ怒られるわけ。
「N95は、患者がつけるマスクじゃない!」って。
 大分こっぴどく叱られた後、かなりこってりと労わられた。
 いつの間にか指にパルスオキシメーターがあったりして、ほほえましかった。
「苦しかったろ?」って背中なぜられていた。
(ああ、こいつらは親子なんだなぁ)と思いながら、私は起床しました。
すっごく肩と頭が痛かったけどwなんだかあったかい気持ちでした。


 てか、私は私の最大の主人公であるラス&ヴェルの時代を、彼女のアルバムの題である『illusia』にしたいと思っています。
 夢よりもっと、遠い国、と。

 夢よりもっと遠い国の話を、私は書いて、それから死にます。



 最後に、思い出の一曲を。
 台風の日に吉祥寺バウスシアターまで聞きにいった、オリガの曲を使っている映画のED。 
| | 20:17 | comments(0) | - |
新宿副都心のせいで泥にまみれた夢
 遠い親戚の家に遊びにいった夢をみました。

 築30年は経っていそうな古い家で、私が二階の部屋に案内されました。窓から外を見れば、意外にも新宿副都心のビル群が絵葉書のように美しくそびえていたので、私は写真を撮ろうと携帯を構えたけれども思いの外うまくアングルに収まらない。ベランダに降りてみてよい撮影ポイントを探したけれども、どうもうまくいかない。
 しばらく携帯片手にベランダをウロウロしていると、隣に2階建ての駐車場があるのに気づきました。
 そこはベランダの柵を飛び越えるだけで簡単に行けるような距離。どう考えても防犯上よろしくない立地なのだが、そこは夢なので気にしない。
 私はスリッパのまま、そちらへ飛び移りました。

 駐車場の2階は天井がなく、車もまばらにしか止まっていませんでした。
 ずいぶん古い建物のようで、埃になった土が数センチ堆積し、しかも水はけが悪いのか降った雨が乾かずに泥状になっている。
 私は泥に足を取られながらもできるだけ建物の端を歩き、もう少しだけと、より景色に近い方に足を進ませてみました。
 いい絵が撮りたいという強い思いがあったのか、つい勢い良く足を踏み出したようで、泥が周囲に飛び散った。その一飛沫が私の口の中に飛び込んできたので、反射的に吐き出そうとした瞬間、私は目覚めました。


 布団の上、口の周りがよだれまみれで、あわや枕を汚すところでした。寝ぼけた頭で必死にティッシュペーパーを探し事なきを得ましたが、危ない危ない。
 起きてもしばらく、本当に泥を口に含んでしまったような不快感が続いたので、急いで口を濯ぎに行きました。


 しかし一体何の夢だったんだろう・・・・・・結局、写メ撮れずじまいだったし。
 副都心の存在意義が謎だし。

| | 14:00 | comments(0) | - |
虫を潰した夢
我が母校は男子部と女子部がかまぼこ型で上部がシースルーwのトンネル型橋でつながってるんですが、そこが5分の1=10分の1程度に狭まっていて、その中を雑巾がけをして通る夢を見ました。

はいずらなければ通れない高さ×狭さなので、そこをわたる人はみんなはいつ配ってるんですが、移動するスペースもなかったので、おそらく一方通行だったと思われます。
 で、数人で雑巾がけしていて、私はしんがりだったのですが、通路の長さは変化していないため、かなり長距離なの。50メートル近くはあるかなぁ… 後半部分は息を切らしながら雑巾がけしていたら、前方から巨大な影が飛んできて、私の左腕に着地したのでした。
見れば身長15センチはあろうかという、巨大イナゴでした。
払いのけようとしたらその巨大イナゴ、ものすごい勢いで私の袖を、そしてその下にある私の二の腕を脚ではさんでくる!
 いててててて!です。

 とりあえず狭いところでは追い払おうにもどうにもならないと思い、残りの部分を決死の覚悟で雑巾がけし、たどり着いた先は見慣れた男子部…ではなく、古びた田舎の駅風建物でした。
しかし夢の中の私は、そんなことは気にもしませんでした。
孔から抜け出して立ち上がり、ゆっくりイナゴと格闘しようかと思ったそのとき。

 またまた急に黒い影が飛んできて、今度は私の背中にしがみついてきた!しかも3匹もいっぺんに!!!
 顔をそちらに向けるのも怖かったので、ちらっと見ただけなのですが、そこにはロブスターサイズのザリガニがうねうね動いている。(なんでザリガニが空を飛んでくるのか、とか、ロブスターサイズのザリガニって、ロブスターじゃね?という突っ込みはあるでしょうけど、夢の中の私がそう受け入れていたから、そのとおりに記述しています)
 
 もう、腕のイナゴの痛みなんて吹き飛ぶような痛みと重さが背中にのしかかり、私は後ろに倒れました。
 そして背中で「ぐしゃ」と甲殻類がつぶれる音と、数十本のとげが皮膚を突き破る感触を感じました。
(もうやだ〜 気持ち悪い〜〜〜)
そんな悲しみとともに、目が覚めました。


 寝相が悪くて左腕がジンジンしびれていたからって、そんな夢は見たくないな。
| | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
せいぎのひーろーになった夢
小学生に戻って、正義のヒーローになる夢を見ました。

私が化けたヒーローが、ウルトラマンなのか、仮面ライダーなのか、それともスクミズ仮面なのかはわかりません。
が、とりあえず、『元の身分を隠して、悪と戦闘』するので、ヒーローの呼称でいいでしょう。
が、そこは私の夢ですから、妙にリアルで、正直痛かったのです。

夢のあらすじを話しますと、私は小学生で、家族、そして友達や親戚の家族と一緒に、古い洋館に遊びに来ていました。
滞在はヨーロッパのバカンスっぽく、1ヶ月以上はあるようでした。
夏休みを満喫しようと、ついた途端に大人(10人以上はいた)は荷物を解き、子供(10人以上はいた)は屋敷の中を探検しだしました。
屋敷は広く、お化け屋敷みたいに埃っぽく、とても探検しがいのある物件でしたが、なぜか私はアンニュイな気分で脚をすすめていたのです。なぜなら、私は正義の味方で、この屋敷に、怪獣が攻めてくるのを察知していたから。
(奴らが来たら、私が盾となってみんなを守る義務があるんだよな… 欝)
てなことを、胸に秘めつつ、はしゃぐ友達に腕をとられていたのです。

ある部屋にたどり着くと、そこには機械仕掛けのでっかいピアノがありました。
鍵盤が縦長で、エレクト−ンなのか、電子ピアノなのか、一目ではわからないけれど、パイプオルガンのような重厚さを併せ持つ、不思議なピアノでした。
ある子供がそれに電源を入れて触っても、音が出ませんでした。

ある子供「何で壊れているの?」
ある母親「この屋敷にこのピアノを移動したとき、壊れたんだよ」
ある子供「どうして壊れたの?」
ある母親「精密な機械だったんだよ」

この会話が何を意味しているのかはさっぱりわかりませんが、私がふと目を窓に向けると、目の前に怪獣がやってきていました。
私は溜め息をついて、外に出ました。

私がどんな姿に変身したのか……巨大化したのか、コスチュームをきたのか、それとも一切変身せずに戦ったのかはわかりません。
自分で自分の姿は見えないからね。
でも、自分と同じ等身の化け物に対して立ち向かって、なぜかあっさり投げ飛ばされました。
…ヒーローになっても、私の運動能力はUPしていなかったみたいです。しかも、痛覚も現実と同じ感覚でした。すりむけば痛いし、投げ飛ばされれば、息が止まります。なんてむごい運命なのでしょう。
 でも、夢の私は使命に燃えていたようで、幾度投げ飛ばされ、ボコられようとも、その怪獣にたちむかっていきました。

 で、苦痛の中に目が覚めました。
 一体、どんな潜在意識がこんな夢を見せたのか、興味があります。
| | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
同窓会の夢
高校G7組で同窓会をした夢を見た。

気づけば私はそば・うどん屋さんにいた。
庭園の見える場所(観光地にありがちなふんいき)のお蕎麦屋さんぽくて、私たちは15名くらいいた。正確な人数はわからない。
私はいつも学食で食べたようにうどんを選んでいた。まあ高校時代は素うどんばかりだったけれど、その日は夏の暑い日だったために、ざるうどんを選んでいた。
気がついたときには食べ終わっていて、会話に花を咲かせていた。
ただ、窓から差し込む日の光があまりに強すぎて、中の様子が薄暗く、誰がどこに座っているのか、私にはさっぱりわからなかった。

その後店を出た。
幹事のプミポンとウトが会計をしてくれたので、鈍足で有名な我がG7メンバーをなるべく早く店から排出する仕事を、私は率先してやっていたようだった。
その店のある通りはお祭り開催中で、出店がいっぱい並んでいた。
モリカとびーなすは、その出店のひとつにジュースを買いに行った。
モリカがいつもどおり「ジュースいる人〜?」と私たちを振り返りながら聞いてきた。
そんなモリカをいつも豪快なびーなすが、「いっぱい買えばいいよ!」と豪快に言い飛ばし、モリカを急かして、さっさとお会計を始めていた。
なんと二人はタンク4つ分くらいジュースを買ってきた。
「誰が持つの?」とウトが驚いていた。
とりあえず私とよーこちゃんが、そのうちのひとつを手分けして持ち、他のタンクも誰かがもってくれたのだろう。私たちは次の目的地に向かった。
道すがら、プラスチック製のタンクの取っ手は水で濡れていて持ちにくかったけど、私はいつもどおりふざけてそれを振り回してみた。よーこちゃんが「ちょっとちょっとw」と、おっとり私に振り回されていた。微妙にえりちゃんかまどぅに怒られた気がする。


そんな感じの、ありふれた日常的な夢だった。
幸せだったよ。

9月7日に迫ってる、同窓会が楽しみです。
| | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
NEW | TOP | OLD >>