全ては神の御心のままに

 fiat voluntas tua, sicut in caelo, et in terra.
何を怖がるか

 WTOだか何だか忘れたけどなんかの世界基準以上のカドミウム汚染された米を毎日毎日食べている日本人は、世界で一番寿命が長い。

「毎日マグロを一切れ食べると健康に良い」という話を信じている母親のもとで、子供のころから毎日せっせと水銀を摂取している私や弟は結構元気。

塩素は肌に悪いという理由で洗顔後に精製水をふりかける美容マニアの精製水は、開封後10日過ぎていたりする矛盾。

毎日毎日被曝している放射線技術師やその部門で働く看護師は長寿という噂。

一方、国家公務員のとある電子線を扱ってる科の人は、結婚しても子供が生まれない、生まれても全員女の子。
弟も射撃管制部門のときは、幾度か電子レンジの中でチンされる感覚を味わったそうな。

福島第一近所に住んでいる子供たちは、より放射性物質に汚染されているが30キロ圏外にある学校に毎日搬送されている。

 

「うん、結局なにをしたって駄目なんだね!よくわかったよ!」
という結論に陥ると思う。

| 偏見 | 09:24 | comments(0) | - |
“迷子”ペンギン 海に戻された後、不明に
“迷子”ペンギン 海に戻された後、不明に

ニュージーランドで保護され、治療を受ける姿などが報道されて地元で大人気となっていた“迷子”のコウテイペンギンが、4日に南極の海に戻された後、行方不明となっている。

 9日朝、ペンギンの背中につけられた発信器からの信号が途絶えたという。発信器が落ちた可能性があるが、「シャチなどに食べられた」との見方もあり、心配する声が上がっている。
(News24)



 成人まで育ったペンギンの死亡率はほかの鳥類と比較すると劇的に低いはずなので、南極好き、特にペンギンを愛する人間としては発信機が落ちた可能性にかけたいんだけどね。
 NZの動物園か水族館で働くという道もあったのだろうけれど、まあ、それは彼の運ということで。


 あの海流を潜り抜けて生き物が南極から脱出してきたという事実だけで、私は彼を尊敬しています。
| 偏見 | 23:37 | comments(0) | - |
国語とは何を勉強する教科なのか
国語とは何を勉強する教科なのか。

 国語の授業を受け始めた頃から、いろいろと考えていたんですよ。
 だって、文字や漢字の勉強する時間だけでもないし、かといって読書タイムとはまた違う。(我が家は読書タイム=アソビだったから、読書時間が授業になるなんて想像できない話でした)
 ちょろっと『主語』『述語』『こそあど言葉』とか、単語ごとの分析をやったりもする。
 作文も書かされるし、感想文の提出を求められたりする。…そういえば小学2年3年のとき通った学校は、毎日のように読書感想文を書かされる学校で、当時はかなり苦労したな・・・とか、急に思い出したりもする。

 結論としては、『読み書き』が出来ればいいと思っていたんですよ。子供の頃はね。
 で、そして思ったことは、
「そんなの簡単じゃん!イマドキ幼稚園生でもできるって!」
というノリでしたが。

 意外や意外、『読み書き』というものは簡単そうで意外と難しいもので、

 たしかに国語で想像力は養えます。
 登場人物になりきって音読とかしなくちゃいけないし、物語制作も授業の一環だからね。
しかし、国語を『想像力を学ぶ教科』だとすれば、理科も社会も算数も同じく『想像力を学ぶ教科』になってしまわないか?
 だって、どの教科だって、子供の想像力は育まれるでしょ?
 むしろ理科や音楽、図画工作の方が、その力は強力でしょう。
 文字を追って脳みそで組み立てるより、不思議なものを目で見、美しいメロディを耳で聞き、なにか新しいものをこの手で造る方が、よっぽど想像力が無限大に広がっていくはずです。

 だからこそ、国語だけ内心の面を強調するのは他教科にたいしてフェアじゃないなぁと感じる。
 算数が計算の勉強、理科が自然科学への足がかりとして扱われるように、国語も技術面を強調すべきではないか、と。

 そもそも、ニッポンの人たちは国語をなめすぎなんですよ。
 ○○ちゃんは国語の才能があるから良くできる。とか平気で口にする。
 出来る子はほおっておいても成績は下がらない。元々できない子頑張っても成績はあがらない。
 少なくとも私の時代はそんなふうに扱われていました。
 小中高通して、現代国語の時間なんて睡眠タイムかおしゃべりタイムでしたよね?

 なんでこんな風に国語がないがしろにされるのか。
 世の中がこうなってしまった原因はなにか?
 いろいろ原因はあるでしょうが・・・勉強すれば誰だって伸びるはずの論理面、技術面をないがしろにしたことも、一因だと思うのです。

 結局国語は楽器のレッスンと同種なんだと思います。
 楽しく演奏するだけでもいい。
 しかし、いかに言語を巧みに操り、自分の内心を表現できるか。
 相手の表現に耳を澄ませ、この胸に相手のヴィジョンをどのレベルで再現できるか。
 その力を身に付けるためには、つまらない基礎=文法が最重要になる。
 それに個人的には、テクニックの学習も教え方次第でとても面白い授業になるし^^

なにより私は、味気ない技術の奥にある叙情、精神性を信じています。
| 偏見 | 14:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
薄さに対して
最近は「薄っぺらさ」というものに驚愕を覚えます。
こんな悲しみは今まで知らなかった。

もちろん、「薄い」ことは悪じゃないっていうのは、理解できてるんですよ。
でも、寂しいんだよね。愕然とする寂しさとは衝撃と呼べる振動を持っていて、どすんと胸に落ちるの。

その薄っぺらさに対しては、ただ笑うしかないんだ。
そうだね、然様でございますね。あなたは薄くても生きていけますでしょうね、って。
でも私は、「あなたがわざと触れないでいる、その奥には、今あなたが体験しているものとは比べ物にならない、厳しいけど美しくて甘美な世界が隠れていて、一瞬だけならわりと簡単に、私たちのような一般人でも触れることができるんですよ」って言おうとして、でも思い直してやめるわけです。
言ったって理解されないし、奴らはその事実を求めていないだろうから。

 知らない世界は知らないままに置いておいた方がいいということはありえることです。
 子供のころから最近までは、世界の表面を覆ってる膜をめくりあげて、
「うっは〜、こんなに薄いでやんの!」
と神やそのほか諸々にたいしてにやにや笑っていたものだけど、今になって私はおおいに勘違いしていたと思う。
大半の人が私のように、その薄さを理解した上でぴょんぴょんと飛び跳ねているのではなくて、その膜が確固たるものと信じて普通に生きてるだけの人間が、意外と多いってことに気づいていなかった。
 みんな、自分を大切にしてないわけじゃなくて、そこを危ない場所だと、気づいていないだけだった。

 そういう事実の認識は、悲しみを運んでくるけど。
 でも、何がよいことでわるいことなのか、私がおろかなのかそれとも世界がおろかなのか、私は本当に理解できないんだ。
| 偏見 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
「いい男」の条件
goo ランキング』の『男性が考える「いい男」の条件ランキング』によると

1 気遣いができる
2 器が大きい
3 仕事ができる
4 冷静な判断ができる
5 考え方に芯が一本通っている

という結果が出ているらしい。

でも、性別の違う私から見れば、

1自制できる
2身の程を知ってる
3卑屈にならない
4人の話を聞く

という、より難易度の低いこの4点を押さえるだけで、十分いい男に値すると思う。
むしろこれを押さえられない人が、どれだけ多いことか。
(具体例/我が父 我が弟) 


 …先日、父が酒に飲まれて定期を落とし、加えて他人の靴で帰ってきた時は、正直、泣けました。
 父はgooランキングの結果は満たしている人間だと思うけど、酒煙草食欲についてはまったく自制できないし、年齢が年齢だっていう身の程も知らないし、一生懸命彼の為を思って「自制しなさい」という人の話も聞かないから、いい男だとこれっぽっちも思えない。
 全てがぶち壊しってまさにこのことです。
| 偏見 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
批判する部分を間違ってる
以前からそうだった、といってしまえばそれまでだけど、最近はとくに報道番組が見るに耐え難くなってきている。

 さっきも喫煙室を設置した学校がマスコミに叩かれていた。
コメンテーターは、
「学校側が喫煙を奨励している」
「「指導しきれず」だなんて、あらゆる手を尽くしてから言えよ」等の発言をしていた。

 私が思うに、そんな視点からこの問題を見ても、なんにも生み出すものはないと思う。
 まさにアントワネットの「ご飯がなければお菓子を食べればいいのに」並みの世間知らずだと思うんですけど。

 だって問題になっている高校は、全国から不登校、高校中退の生徒を受け入れている学校でしょ?
 学校の喫煙率の高さ、そして過去の小火事件の話を聞いても、それでも学校側は生徒の喫煙がある事実を無視しろと?
 全寮制の学校なら、物理的に無理でしょう。ニコチン中毒を甘く見ちゃいけない。

 喫煙が問題なら、吸ってたの目撃した生徒を検挙して、警察つれてきゃいいじゃん。
 でも、ほんとうに問題にすべき問題は、そこじゃないよね。

黄柳野高校:喫煙問題で校長「指導しきれず」

愛知県新城市の私立黄柳野(つげの)高校が学生寮に喫煙室を設置したとして県青少年保護育成条例(喫煙場所の提供禁止)違反容疑で同県警の家宅捜索を受けた問題で1日、同校は全校集会を開いて生徒に経緯を説明した。辻田一成校長は「禁煙指導室を閉鎖した。生徒会などで話し合い、たばこがなくなる運動を推進してほしい」と話したという。

 集会後、記者会見した辻田校長は、「これまで3回指導を受けると自宅待機を課してきたが、1回にするなど厳しく対処したい」との考えを示した。自宅待機は、同指導室を設けた07年4月から実施、これまでに3人が指導を受けたという。

 同校によると、在学生231人のうち喫煙者は男子47人、女子25人の計72人。「話し合いで指導しきれなかった。法令違反と認識しているが、このような方法しか考えられなかった」と限界があるとの考えを示した。

 同校によると、喫煙室は「禁煙指導室」との呼称で07年4月、4棟ある男子寮に1室ずつ設置された。【加藤新市・毎日JP】
| 偏見 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スモールフォーカス
私は余裕がないと視界が狭くなりやすいです。
さすがに自分とのお付き合いが四半世紀を超えているため、自分の視野の狭さへの対抗として、常に意識的に「世界を見渡すようにしよう」と心がけているわけですが、それをしなくなると、一気に世界が閉じてしまうんです。
この一週間、風邪引いていたせいで、それを実感しました。

たとえば、2日間、玄関に弟が買った自転車が存在していたために、かなり玄関が狭くなってたらしいんだけど、ダンボールだったためにまったく気づかなくて。
弟と母が自転車の登録料について語っていたので、
「へえ、うちにもとうとう自転車がある生活にもどるのね」とコメントしたら、閉口されました。
こっちこそ「うちにいつから自転車が存在しているの!?」と驚きたいのに、「あんた、狭いなぁって思わなかったの?!信じられない」と気持ち悪がられるはめに。


見る必要のないものをシャットアウトするのが上手だと思えばいいかもしれないけど、スモールフォーカスとか言ってしまうと、自閉症の症状っぽくて、微妙な気分になるんだよね。
まあ、たまに自覚すると、悲しいなぁ、と思います。
| 偏見 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
NEW | TOP | OLD >>