全ては神の御心のままに

 fiat voluntas tua, sicut in caelo, et in terra.
エンディングノート

フリーのエンディングノートをDLし、ぽつぽつとevernoteで書き込みしている。

もうちょっとまともに書いたら、印刷しようと思っている。

思っているけど、全然、気が乗らない。

 

あ、もう私、自分の人生にほぼ興味ないや、と実感した。

 

当時あれだけいろいろ書きたかったあれこれも、今は昔。

どうでもよすぎて省略。

 

とりあえず、夫と子と孫の欄は、ざっくり削除した。

書かなくていいのは楽です。

 

遺影はいらない。

直葬が第一希望。

お骨はじっくりよく焼いてできれば残さず、できれば散骨してほしいな。

別に行政の方の手によって、赤の他人とごちゃごちゃにされたってかまわない。

 

 給与が振り込まれる銀行と、収入がお年玉のみだった時代から使っている郵貯、母が加入した生命保険(ただし死亡時のお金はものすごく少ないやつ)、この三点はしっかり記載しなければ、処理してくれる方に申し訳ないなと思ってます。

 今の預金でも奨学金は全額返済できる計算だから、現状の借金は親への負債しかないはずです。

 私の記憶が確かならば。

| 日々徒然 | 00:05 | comments(0) | - |
捨てる!

 最近休日の最終日は掃除するのが習慣になっています。

 

 ものも記憶も溜め込む性格だけど、本音のところ、スッキリしたいんだよね。

 数年前なら捨てられなかったものも、もったいないなと思いつつ、バサッと捨てられるようになった。

 たとえば、辛すぎて我慢しつつ使っていたリステリンを、残り少なくなってきたし、容器が大きくて邪魔だからポイしたり、とか。

 以前なら「もったいない。買った責任をとる!絶対使い切る!」って意気込んでただろうけど、今は「捨てる!即刻捨てる!」ために、自動的に頭が働く。どう考えたら捨てる方に天秤が傾くか、言い訳を考える脳みそになったと言ったらいいか。例えば、日々の「辛い!」って我慢と買ったコストを比較したり、かなり置き場所を多く取って家族に迷惑だし、辛いから洗口の回数が減るデメリットとかを思いつくようになったのだ。

 

 これはこれで、省エネ思考だよなとおもってます。

 

 本当は、今まで使った教科書とノートを、全部捨てたいんだけどね。それはまだ無理だ。

| 日々徒然 | 02:28 | comments(0) | - |
セブ旅行

 4泊5日でセブ島にいってきました。

 ホテルでダラダラが旅の主目的。

 食事時々プールもしくはスパ、アクセントとしてお姫様ダイビング、と言ったスケジュールでした。

 

 三日目から風邪引いて寝てばかりだったけど、まあ、予想の範疇。(笑)

 部屋がスイートだったので、滝の音を聞きながら蚊帳のベッドに寝っ転がって、リゾート気分満喫しました。

| 日々徒然 | 22:18 | comments(0) | - |
明日仕事だと掃除したくなる法則

 明日は仕事の予定のとき、人間がとる行動なんてたかが知れている。

私の場合

 

1)グダグダする。ゲームとかして気をそらす。

2)漫画読む。もしくはアニメ見て気をそらす。

3)寝る。とにかく寝逃げる。

4)掃除する。無駄に部屋を引っ繰り回して中途半端に放置

 

このくらいの選択肢しかない。

 

 本日は4)でした。今、部屋は荒れているけれど、ワックスがけもしたよ!だから満足!

 一週間荒れた部屋で過ごすこと確定だけど!

| 日々徒然 | 22:18 | comments(0) | - |
何事もやらなきゃ始まらないからなぁ

いつもは屍の状態である日曜の割には、今日はPCに向かえる位には元気だった記念に日記でも書きます。

最近はPCすら触る気にもならない。

 

 とまあ、なんだかんだ文句を垂れつつも、何事もやらなきゃ文句を言う資格さえくれないのがこの世のルールのようだと、この体は知ってしまっているので。

 従順な私は、バガヴァッド・ギーターは購入から始めて、コーランも真髄なんて分かるわけなかろうと思いつつも読み、古今集はできるだけ意識して覚えようとしていますよ。

 とくに化学物理領域については、仕事中=一日の中で脳みそが頑張っている時にも関われますからね。必要な時、暇な時はできるだけ意識しようとはしている。

 否、してしまっている。

 もう、これは職務意識ではなく、本能なんだ。

 

 薄ら笑いの中、日々快適を求めて頑張っています。

 

 

 

 本当は、始めること自体をやめたいんだけど、ドミノの1倒は神様がお始めになったことなので、私にはそれを阻止する力はなかったな。

| 日々徒然 | 21:08 | comments(0) | - |
日々の話

 子供の頃の予定がもはや実現不可能なものになって、夢がただの夢へと成り下がって、それでも私は眠気を抑えることができなくて、安易な明日に縋りつく。

 バガヴァッド・ギーターを読みふけり、コーランの真髄を知り、古今集の和歌を千首ほど諳んじられる程度の大人になっているはずだったのになあと。

 来ない夢をまだ見つつ、それでも何かを諦めきれなくて、基本的なプロトンの移動の仕方は忘れたくなくて、幸運が呼び起こす破滅について覚えておきたくて、とりあえずマヤコフスキーの詩集をめくるのだ。

 

 明日はない方が幸せなのに、明日のために生かされる。こんなに苦しいことはない。

 積み上げた借金を返す計画を立てて、虚しさに涙するほうがまだマシだった。

| 日々徒然 | 02:08 | comments(0) | - |
歳をとったと思う

 動悸といいますか、心臓のどっくんどっくんという音で夜中目が覚める夜が数回続くと、流石に加齢を感じますね。

 その原因が自律神経失調症であれ、更年期であれ、基本は老化だろうなぁと思う。

 

 暫くは何故か家に大量にある加味逍遙散を消費することにします。

| 日々徒然 | 16:53 | comments(0) | - |
NEW | TOP | OLD >>