全ては神の御心のままに

 fiat voluntas tua, sicut in caelo, et in terra.
若人もすなる2c○といふものを、老女もしてみむとてするなり

数ヶ月前から母親がな ぜ か 2ちやんねるのニュー速+にハマっていまして……

「もうニュース番組が信じられない!」

「TVしか知らない老人が日本を滅ぼす!」みたいなことを日頃叫ぶようになりました。

 つい数カ月まであなたもそちら所属だったのに、影響されすぎですよ。とは思うんですけど、まあ若い子の熱い魂は覚めるまで待つのが鉄則なので放置 笑

 それに、彼女の中で国会中継が1番楽しいTVエンターテイメントになったのはいいことだと思います。

 

で、彼女もあの掲示板独特のノリがわかってきたようで、AAがね。

かわいいのを発見すると大喜びするの。

 

今のところ、私と母でかわいいね〜ってなったAAベストは、

 

○○しようね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

 

 また髪の話してる

 

<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´ )

 

不思議に思うのは、なんで日本人は、いつまでたっても中国人はラーメンマンのイメージなんだろうなぁ。ってところ。

江戸〜明治時代の日本人には、辮髪のビジュアルって相当の衝撃的だったんだろうか。

当時は自分もちょんまげだったくせにね 笑

| ほかほか家族 | 21:44 | comments(1) | - |
従弟の引っ越し
 かくかくしかじかありまして、室蘭へ転勤になった従弟=あまりよく知らない男性と一週間同居することになりました。

 十歳位年が離れているし、そもそも転勤族の私と母方実家=北海道に長年いた彼とはほぼ縁もない。彼がこの世に誕生してから、5~7回しか会っていないはずですが、まあ、私は居場所とWiFiを提供するだけで相手のことは一切しない、という条件でOKしました。

 こういうとき、一人暮らしには無駄に広い2LDKが非常に便利!
 いつもは本棚を置く場所&洗濯物を干す部屋としている一部屋を貸して、好きに使っていいよといえばいいだけだもん。お互いに仕事を抱えている身、余計な干渉しなくてすみます。


 お土産に網走ビールいただきました。
 蒼いビール、興味あったんです。
 ごちそうさまです☆

以上、ご栄転おめでとうございますな話でした。
| ほかほか家族 | 15:52 | comments(0) | - |
帰省します
 母方の祖父が脳塞栓で病院に運ばれ、CTをとったところ塞栓のある場所と反対の脳に動脈瘤が見つかったため、お見舞いに明日行くことになりました。ついでに、その病院から二時間ほど離れた母方の実家にも足をのばすことに。

 なんとなく、祖父、祖母の葬式には出ないような予感がするので、もう二度と行くことはないような気がしながらの旅になります。
 たとえ二度いくことがあったとしても、きっとその時、慣れた祖父の家は他人のものになっているので。

 本当に、本当に、私も三十年生きたんだなあ、と思うことばかりが続きます。
| ほかほか家族 | 22:29 | comments(0) | - |
アットホーム
CA3K10000001.jpg
弟の職場の家族懇親会的な催しに参加しました。

| ほかほか家族 | 21:22 | comments(0) | - |
まさかの間違い
 小学校高学年のある日、私は父から熱帯低気圧のことを「台風、ハリケン、サイクロン、ウリウリ」と教えてもらったのですが、あれから20年近い年月が経った今頃、

『「ウリウリ」は「willy willy」で、かつ塵旋風を指し、熱帯低気圧ではない』

という事実を知って驚愕しています。

 詳細はウィキペディアでどうぞw


 何だか情報源の信頼感が薄れてきたわ……藤原エフェクトとかも調べなおした方がいいんだろうか。(気象についてはほぼ父の口から伝えられた知識しかないので)



 なぜ私が気象について父に信頼していたかというと、子供の頃の父は常に天気予報を気にする職業だったからです。
 台風来るたび、父に命令されて窓に取り付けていたクーラーを母と外したのはよくない思い出。
 ……なんであの人、自分でやらなかったんだろねw
| ほかほか家族 | 22:01 | comments(0) | - |
アリエッティのCM
 我がママンはアリエッティのCM(アリエッティが洗濯ばさみを髪につけるシーン)を見るたびに

「あんなにちっちゃいおててなのに、洗濯ばさみをぐいっと押せるなんて、凄い筋肉なんだね!」

といいます。
おかげで私の中でアリエッティがムキムキ補正されてしまった昨今。
| ほかほか家族 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
旅行という単語は暗い
15の冬まで人生が旅だったので、あんまり旅行をしたことがないのです。
我が母なんて大学をカルフォルニアで聴講していたくらい旅好きなのに、一体なんでこんなこどもが生まれてきたのか分からないほど、私も弟も旅行に行かない存在です。

 というわけで、記憶のあるときから20数年間で家族4人(3人)でいった旅行の数を指折り数えてみました。
ええと、

(1)金沢 

だけですかはぁちょっと自分でも驚いたわw
 もともと金沢旅行なんて、父の同期で、父以外の人たちのグループの一人が計画していた旅行をキャンセルした人の代わり。つまり、お金がもったいないから代わりに行ってくれるかい?と話がきて、その格安ツアーに代理で参加したという、まさに牡丹餅状態だから、これがなければ本当にゼロという文字が躍っていたわけです。


スキーも行ったことがない。
海外も行ったことがない。
本当にお金がなかったんだなぁとしみじみしますよ。


ちなみに、我が一族郎党が揃わなければならない会合があるのですが、それが一応熱海だの京都だので開かれていたので、父本人は
「旅行しただろ!」
と否定するんですがね。(苦笑)

ただ、そういう旅行は、母が
「なんで私はいつも末席に座らされて雑用係なの!???」
とキレているので、私としては楽しくない…むしろかすがいとして非常に恐ろしい状況に立たされていました。
(あ、うちの家では夕食においての座席は一族の格順なのでw、長男のくせに家を飛び出した父は、格下なのです)


そういうわけで母は、父の家族との会合に毎年参加しておきながら、十年に一度しか母方の方に挨拶にいかない現状にとうとうぶちきれて
「もう私は一生旅行に行かない!」
と言い出しました。


あはは〜と笑うしかない。
嫁いだ先が悪かったね!というしかないのが現状です。
| ほかほか家族 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
NEW | TOP | OLD >>